砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

東京新聞杯予想 降雪は面白い。

日曜日はカラッと晴れてくれればもっと面白い。
どろんこになればリルダヴァルに見せ場がありそうだね。 そしてヴィルシーナ。3歳時のエリ女2着が悪馬場が利した結果ならばコレは鬼でしょうね。 また事故が起きかねない。 そうなると外枠からのうのうと競馬を出来る馬も穴気味に狙いたいよね。 ブレイズアトレイルが面白いかもしれない。 エルコンドルパサーの血は道悪で活かされるでしょう。 しかしダイワメジャー産駒。芝の良し悪しは幅広く受け入れそうだが・・・? オヤジ的にはボリクリのサトノギャラントフジキセキエールブリーズも推したい。 ・・・しかしサトギャラはこなす程度だし、エーブリは道悪経験なしだ。 タイキシャトルレッドスパーダも考えものだが。 渋りきった東京というのは差し競馬になるはずなので前の馬はイマイチ考えづらい。 さて、ショウナンマイティをどう考えるか。 差し競馬なら負けるわけにはいかない。むしろこれはチャンス。 宝塚記念の糞馬場で差せるのだからやはりここもこなせるはず。勝ち負けだろう。 明日に開催されるのならばアタマはショウナンマイティでしょう。 ヴィルシーナコディーノ、ブレイズアトレイル、穴っぽくリルダヴァルを抑えりゃいい。 あ、ホエールキャプチャはどうだろうね。 こいつは少し渋る程度に収まればいいだろうけど・・・重や不良になればちょい厳しいか? こう考えるならヴィルシーナも駄目か。 コディーノねぇ・・・。 朝日杯2着を考えりゃここで走っても構わないはずだ。 しかし・・・どこまで馬場が渋ってしまうか、ということよね。 こればっかりは明日次第だ。 好走した馬の血統を追い続けるしかねぇな・・・。 [fin]