砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

阪神JF展望 非サンデー系組

例年通りの傾向だとすればサンデー直系の方が勝ちやすいと思うんだけどね。


メイショウスイヅキはパイロ×ダンスインザダーク×Vice Rigent×Gone West×Quadrangle

パイロ産駒は仕上がりが早くダートに向いた産駒が多く、2歳ダートでは狙いやすい血統。本馬は芝馬に出ていて、これはMr. Prospectorクロスに依るものっぽい。Icecapadeが関わってMr. Prospectorクロスが靭やかさを助けるのはゼンノロブロイと同じだ。

母ヴィトンクイーンが芝ダート兼用の短距離馬だからあまり芝馬の匂いはしないのだけれども、実際に走ってみると実に靭やかに動く。前脚のサッと伸びる動きはSecretariatクロスの影響が強いしGone Westの軽やかな俊敏性が上手く表現された配合だろう。

一方でSeattle Slewの一本調子な差し脚も表現されているから現状では淀みなく流れたもみじSがベストパフォーマンス。靭やかに鋭く動くのだが阪神外マイルでは重心の高さが仇になりそう。

アットザシーサイドはアルバタックスと8分の7が同血の間柄。

Alydarは母系を上手に使ってあげれば上等な中距離血統なのだがKingmambo経由のMr. ProspectorAlydarになると流石に硬い。全体のNasrullahの流れを読むと米血の硬さを伴ったパターンがほとんどで、唯一の例外であるMill Reefをクロスしないことには外回りの靭やかさは身につかないだろう。

でも血統の字面よりよっぽど靭やかに動いていて、そこは流石のアグネスタキオンMr. Prospector系×アグネスタキオン×Alydar系はノンコノユメと同じで、アグネスタキオンという血統は「Nasrullah×米血」を靭やかに効果的に動かす血統なんだ。

それだけに末脚特化のレースだと見劣るかもしれないが、ここ2戦はペースなりにゆったりと差し切る内容はかなり強いもの。きっちりとペースが作られるマイル戦では少し厳しいかもしれないが阪神JFの流れなら許容範囲だろう。少し前で受けて緩やかに脚を使うなら上位争いには加われそう。福永とルメールで2連勝というのは好采配だ。それだけに本番の三浦皇成はかなり問題で、これはドッカンターボで脚を使い切る傾向が強い。

キリシマオジョウは小牧太で2連勝したスプリンター。

代々で重ねられたスプリント血脈を緩和する中距離力が薄く、この段階では表に出るのはスピードだろう。空転する様な後駆はどこかに矛盾を抱えている様子で、前脚をもう少し沈ませてストライドを伸ばせたならば後駆の曲飛節回転も活きて距離延長もこなすだろう。

前脚がすっきりとは伸びずに曲飛節、というとTom Fool×Bull LeaのTim Tamの血統を思い出させる。父スクワートルスクワートがTim Tam6*6で、キリシマオジョウ自身はBull Lea5*8*8*8。Tim TamはベルモントS2着で米三冠を逃した馬であるから1800m気味の中距離馬で、Bull Leaを継続しているのだから中距離力はありそうなもの。

しかしそこはTurn-toやRaise a Native、Olympiaのスプリントがむき出しになった配合なだけにキリシマオジョウ自身は短距離馬だ。距離は伸びても1400mまでだろうけど良い意味での矛盾を抱えた馬であるだけに繁殖として相手を選ばない好配合馬。Mr. Prospectorを弄ってもNureyevを弄っても、Smartenを弄ってもRobertoを弄ってもVice Regentを弄っても・・・良いかまどになりそう。相似配合でストロングリターンをつけても面白いのでは。

ストロングリターン×キリシマオジョウ

もちろん面白いだけで走るかどうかはさっぱり想像つかないわけだが・・・。いずれはNorthern Dancerも異系をとる必要がないくらいには遠くへ去っていくし、キリシマオジョウの様に強いNDを引かない繁殖はこれから重宝されていくだろう。

最後がメイショウサムソンの末脚一気、デンコウアンジュ

これがまたND4*5*5の異系をサンデー×パーソロンで取るおかしな配合形で、メイショウサムソン産駒はこういったサンデーサイレンスの無駄遣いを許容する面白い種牡馬。21世紀になっても「4分の3Nearco、4分の1非Nearco」をやっている本当におかしな母親で、それにND3*4のメイショウサムソンを配したデンコウアンジュは「4分の3Northern Dancer、4分の1非Northern Dancer」。

近い代の種牡馬を辿ってもクラシックディスタンスのものばかりだから中距離馬として見ることに異論は生まれない。アルテミスSの末脚は中距離馬じみたものであるから矛盾もなく、なるほど阪神JFで人気になる背景はある。

新馬戦ではポンッとゲートを出てから自らシャカシャカと脚を回して前へ取り付いていき、それでも収まらずにかかり始めた。直線に入るとまっすぐ走れずに鞍上が御すことで精一杯。勝負はそこで決した。

勝ち上がった未勝利戦ではゲートを抑えてすぐに内へ入れた。かかることや末脚を使わせることを意識したのだろうが下り区間に入るとやる気満々に進出していき、直線の入り口で早くも前へとりつく勢い。先頭争いに加わるとスタンドへソラを使ったが最後は交わしきった。荒削りな競馬が魅力的。

距離短縮で臨んだアルテミスSでは目に見えてかかってはいないが登坂でペースが落ちたところで少し脚を使っている。それでも1800mよりもスムーズに競馬はしているし、直線で脚を使って抜けだした本命をきっちりとらえた。フロックではないだろう。

このアルテミスSテン乗りで制した田辺の乗り方はナスキロ柔い馬の扱いではなく少しナタ切れする馬の扱いで、これはWild Risk7*7*8+Sicambreの影響がありそう。

というのもメイショウサムソンダンシングブレーヴのスピードを中距離化した手段が、中距離Tourbillon系クロスとRialto×BlandfordWild Riskクロスなのだわ。そして凱旋門賞馬マリエンバードの母系にあるKashmirのスプリントを緩和した血統がWordenとFidraで、これがRialtoとBlandfordの組み合わせになる。そしてBlandfordBlandfordらしく仕事をするならばパーソロンも中距離Tourbillonに交わっても遜色ない。

それを格好良く回すのがオペラハウス×ダンシングブレーヴ×サンデーサイレンス・・・なのだけど。末脚の質が牝馬にしては大ぶりすぎて牝馬戦では使い勝手が悪いし牡馬が相手では足りないい「帯に短したすきに長し」。アルテミスSで見せた素質の高さは本物なのだけれど、愛知杯マーメイドSをねじ伏せてからが本番だろう。2歳マイルG1で買うには心もとない。

[fin]