砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

来週は紫苑Sと京成杯AHとセントウルS

京成杯AHは高メンバーが揃ったサマーマイルシリーズ最終戦

ロードクエストは中距離馬だと思うが、東京二千四は不適だった様子。気性なのか脚の質なのか、どうも末脚が刹那的に過ぎる傾向がある。パワーもあるので皐月賞で内へ切り込んだ池添の気持ちも分かる。開幕週のエアレーション中山は馬場的にはドンピシャだ。

「この配合で日本のマイルを走るつもりなの!?」と突っ込みたくなるペイシャフェリス。今年初めから調子を崩していたが前走で大復活を遂げて重賞の舞台へ戻ってきた。急坂小回りをまくってなんぼの配合で、1600万下クラスでは中山か道悪福島でしか馬券になっていない。マイラーというより千四馬っぽいが、阪神千四より中山千六の方が合うタイプだろう。

セントウルSも豪華メンバー。

なんといってもビッグアーサー。この秋でもう一つ上積みがあるはずだから秋の大舞台に向けて試金石の一戦となる。ここでサッと前受けしてゴリゴリと押し切ってこそTHE・スプリンター!サクラバクシンオー念願のタイトルを得るため、最後の大物が前哨戦へ挑む。

立ちふさがるは春全休からの復帰戦となるダンスディレクターセントウルSMr. Prospectorのスピードが活きることが多く、この実績馬は父父がMr. Prospectorである。G1馬に一泡吹かすならこの馬だろう。

俺のお手馬エイシンブルズアイもいるが、これはパワーに勝ちすぎた配合であるし、そもそもピュアスプリンターとは思えない。千四で先行してデンデケデーンと押し切るのがお似合いであり、スプリントでは終い12秒戦を差し込むので精一杯だろう。阪神千四で見直したい。

紫苑S秋華賞のステップレースであるだけあって悩み甲斐のあるメンバー。

フラワーS勝ちのにエンジェルフェイスは勝ち切りたい舞台だろう。終夏の中山二千ならベストコースで、陣営がオークス一本に絞って走らせたことを見ても重厚な中距離馬である。相手もなかなかのものだが、この配合ならば本命は必至。

なかなかのもの筆頭はパールコード。本格化が待たれるヴィクトワールピサらしいアウトブリードの好配合馬だ。ただ千八ベストの馬だから二千でゴリゴリ走る展開になると差されてしまう。紫苑Sは好舞台であるが、たま~に中山二千きっかし最適牝馬がごりごりっ!と勝ち切ることもある。それはそれで「あなたはドコで出世する気なの?混合戦に活路見出すの?」と問いただしたくなる馬だが。

[fin]