砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

仮に小倉千八がハイペースになったとして

前回のあらすじ

 ダノンメジャーがマルターズアポジーに嫌がらせをして、前傾ペースになりそう。そうなったら面倒くさい。

もし外回り戦で前傾となったならば、ジャスタウェイだとかオフサイドトラップだとかトーセンジョーダンだとか、その類のトニービンがでろでろ流れ込んでくるだろう。しかし内回り小回りとなると、意外とHyperionっぽい馬が来ないのが面白いところ。

Hyperionのしぶとさは靭やかさと可動域の狭さが両立しているために起こるもので、それがNasrullahの助けを得ると可動域が広がって外回り向きとなるが、NDとサンデーの絡みがある限りは極端な出方をしない。それでも父や母父にトニービンを持つとその極端になりがちであるから、極端を極端でかき消す様に、Double JayなどBlue Larkspurニアリー系の米血的スタミナ血統で可動域を別の角度から狭くさせる。・・・というのが私見である。

小倉千八でハイペースとなれば、トニービンほどの劇薬はいらない。必要なのはDanzigだ!(激怒)

Danzig持ちは3頭。ハービンジャー産駒のベルーフデインヒル直系のフルーキーDistorted Humor直系のストロングタイタン。よっしゃ、これで馬券が決まるな。

どうしてDanzigを選んだのかというと、まず一つの理由として、第一希望のノーザンテーストが微妙な配合馬にあふれていたからだ。ダイワメジャーの2頭はワンランク足りないイメージであるし、ヒストリカルは外回りで切れすぎるし。ベルーフは良さそうであるが不安要素が大きい。

Danzig趣味がある俺としては、ノーザンテーストの次点ではあってもこの血統の小回り力は認めたいところだ。多くの場合はこれを、ジェンティルドンナがそうであるように、ズンドバの瞬発力へ転ずるが、スプリント血統であるから基礎スピードの高さこそ本質である。

基礎スピードとズンドバを両立させたグラスワンダーという変態もいるが、変態を語ると常識が分からなくなるので避ける。だが、良い意味での気性のゆるさが有馬記念での緩い追走を許したのであろうし、Danzigは案外、Fair Trialの厳しい気性を伝えない。むしろ、素直な気性を表すための材料として働くことがサトノダイヤモンドという変態から伺うことが出来るのではないかと。

つまり、千八を緩くも速く踏破する精神と身体をDanzigが表現する可能性が高い。特にBull Dog=Sir Gallahad×Blue Larkspurを尊重し、その上でHyperion×Swinfordを重ねることで速くてしぶとい馬が輩出されるはず。

だが、ストロングタイタンのDanzigMr. Prospector×Buckpasserと混ざっている上にIn Reality直系のTiznowとDeputy MinisterのRegal Ransomを併せ持つのがよろしくない。芝の重賞で勝負するよりも軽いダートで新味を見出したい。フェブラリーSに出たほうが良かったんじゃね?

ベルーフは配合に悪いところが見当たらないのにパッとしない変な奴で、ステイゴールドの全妹で重賞勝ち馬というすげぇ母ちゃんと、欧州を騒がせたハービンジャーという名馬が弱点のない配合で掛け合わさったのに・・・何故か重賞で変な負け方をする。4歳秋には本格化しているはずなんだが、まるでパフォーマンスが向上する様子がない。チャレンジカップくらい走ってくれれば平坦である分だけきっちり差しきれるし、イーブンペースで小倉千八G3を撫で斬りに伏すくらいの格はあるはずだ。手が合わなかった~なんて言い訳も通用しないくらい。

フルーキーはわかりやすくベストパフォーマンスを発揮する舞台に恵まれない不遇なタイプ。淀みのない千八でざっくり差し切るだけのものはあるが、小倉千八では少しパワーロスが生じそう。ベルーフのヒモに留まるのではないか。

というわけで、ストロングタイタンだけが信用ならない。もう一頭はDanzig意外のところから探す。

[fin]