砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

七夕賞出走馬を簡単に

ウインインスパイア

 Majestic Lightの処理が不安定で、靭やかであっても芯がない。ブライアンズタイムの導入は正解だろうがサンデーは不必要だったかと。

スズカデヴィアス

 Seattle Slew持ちキンカメサンデーにおいては最上級の出来栄え。サンデーの斬れが本質であった様子であり、好位差しの妙味をここで爆発させることもありえる。

ゼーヴィント

 シルキーラグーンは好繁殖。だが相手がディープではPacific Princessとのニックスに頼るばかり。ブライアンズタイムを異系として父にはNDクロスを組み込んだ方が配合は決まるし、理想を言えば「4分の1NDクロス、4分の3非ND」を目指したい。強い2着を積み重ねはするがG2では物足りず、全てが噛み合ってようやくG3を勝てる馬だろう。ここでハマるかどうか。

ソールインパク

 Bold Rulerによる北米的な斬れ味が身上のディープインパクト。東京の長丁場で念願の勝ち切りを見せたが、適距離は中距離小回り内回りだろう。負荷のかかる福島二千で変わり身が期待できる。ただ平坦ベターなので展開は限定的。

タツゴウゲキ

 マベサン産駒は母父に重厚な英愛を積み込んで上級の資格を得る。本馬はシングスピールなので十分に資格があり、まくり馬として頭角を現し始めた。Haloな突撃っぷりは絶賛スべきであるが500kg程度の馬体重でそれを支えるのは難しい。前走の様な条件がベターか。

バーディーイーグル

 現代におけるブライアンズタイムのイメージ通りに突進&パワーへ特化した配合。4分の3Nashuaとして評価したいところであるが、どこかでDonatello的な靭やか&スタミナを補完しておくべきだったかと。芝で大成するには一味足りない。

パドルウィール

 金鯱賞競馬ファンを一泡吹かせてからは低空飛行。米血マシマシのためにスピードに不足がある様子。

フェイマスエンド

 「4分の4NDかつ4分の2HtR」のリズムでオープンまで登りつめた配合馬。カシオペアSの様に平坦を前受けして粘り込むのがベターで、ベストはやはり平坦小回り。2mクラスの起伏が連続する福島で活きるタイプではない。

フェルメッツァ

 フラガラッハの弟。母父トニービンはディープ産駒として鬼門の配合であるがサトノノブレスクランモンタナといった成功例(?)がある。前受けからの粘り込みが秀逸であり、福島はベター条件の一つ。持続戦で上昇。

マイネルフロスト

 終わった馬かと思えばもう一度復活した。Danzigクロスの母を持ちながらも平坦が得意なのはPrincely Giftの効果もさることながら、Aloeクロスの恩恵もあるかと。「4分の3HtR、4分の1ウインドインハーヘア」「4分の3ND、4分の1サンデーサイレンス」の配合形も効果的であり、一発を望むには6歳という馬齢がネックとなるが、もう一度突っ込んでくる可能性は否定できない。

マルターズアポジー

 現代のツインターボ。驚異的な出脚でハナを奪い、そのままペースを淀みなくして押し切る。ハイペースのAffirmedは地味ではあるがなかなか捕まらないところがあり、福島二千なら勝ちきって当然と言いたいが、逃げ馬の脆さはある。

ヴォージュ

 サンデー3×4というよりもステイゴールドフジキセキ2×3。母が完全な非NDで非ナカヤマフェスタ的な血統、例えばSicambreなどをクロスしていればG1クラスの相似配合馬と評価出来た。小回りは得意だろうしハマる可能性は高いと思うが、長い目で見ると評価しづらい。

[fin]