砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

久々の馬券購入に悩む~ルーラーシップについて

阪神大賞典を買おうかと思うが、そのくらいに頑張って予想すると分からない。

ムイトオブリガードで良いと思う。デニムアンドルビーのスタミナはFoxlaw=Aloeから配給されたもので、Specialなスタミナだ。Burghclereを通した方が良質であるけれども、Aureoleでも悪くない。

ただ、この馬を中長距離馬と見ることはない。二千ベストだと思う。藤岡兄貴は「俺の馬が一番スタミナたっぷりなんだ!」なんて逃げを打たないし、それに応えるものを持たない馬だろう。

Aureoleにしたってセントクレスピンの経由はHarina=プリメロの方向で動かした方が面白い。中長距離馬と認めないのはそこが大きな理由。(ステマだってAlicide持ちだけれど、その方向で動かしている。ゴルシが顕著。)


またルーラーシップ産駒として評価しづらいところが多いのよね。結局ルーラーシップってMiesqueで動くから。


Nureyevを弄るのも一つだ。そりゃ間違いない。けれどキンカメサンデーの時点でNureyevのほとんどがオンになるのだわ。トゥザ兄弟=トーセンビクトリーデニムアンドルビーはNureyevがオンになりすぎて周辺の支えが弱かった。

Nureyevクロスを軸にして周辺をオンにするという仕組みはもちろん「あり」だ。けれどそれをやるならサンデーサイレンスは必要としない。


ルーラーシップ×サンデーも同様で、これでNureyevはオンになっている。けれど「Northern DancerHyperion・Fair Trial・Flambette・Nasrullah」などの要素はエアグルーヴが食っているから、むしろエアグルーヴがオンになるというマジック。

この魔法はエアグルーヴが非Blue Larkspurであるためで、ブラックタイドディープインパクトウインドインハーヘアがオンになってしまう仕組みに近い。ハーツクライアイリッシュダンスをオンにするために様々な工夫が必要である反面、ルーラー・ブラック・ディープは自然と伝えてくる。これが「名繁殖による4分の1異系」の魔法。

けれどこれを最適化するためにもやはり工夫が必要で、それって多分Pretty Polly≒Honoraの緊張と緩和が大きな役割を担っている。


細かいことは別に書く。Honora血脈をオンにすることでルーラーシップ×サンデーサイレンスという配合はHalo機動を手にする、という結論だけで良いだろう。そしてMiesqueを使っている以上はRibot×Princequilloも無視出来ない。

よってルーラーサンデーは「大きくは動かないけれども前駆が靭やかに前へ伸びる」という質がオンになりやすい。

ダンビュライトやキセキの様な「Ribot×Prince John(Honora一家)」持ちが成功するのはこれが理由だろう。

ルーラーシップ×マンハッタンカフェくらいやっちゃうとダートやスプリントのパワーがオンになるだろうなぁ。けれどアディラートみたいな配合でダートをゴリゴリするのも一つの道かと思う。


Bold Rulerを入れた方が完成は速いだろうけれど、芝の大物はやはりRibotとPrince John持ちから。キセキの場合はPettionからもHonoraを組み込んでいるのが良くて、Cosmic Bomb×Burghclere×Prince Johnがまずまず安定。

ちなみにファルブラヴの母Gift Of the Nightも「Ribot×Prince John」なのでテトラドラクマがダンビュやキセキと同格である可能性はまだ否定できない。母Seattle Slew4×3ってのもルーラーシップが非Bole Rulerかつ非Hail to Reasonであることを思えばギリギリ「あり」の部類。エアグルーヴ母ちゃんが非Blue Larkspurでなかったら成立しなかったろう。


あとクロフネとの配合も色々あり、リリーノーブルの配合が今のところは一番かな。クロフネRibotとの関わりが悪いし。その分だけノーザンテーストの土台としては良好で、ルーラーシップ×ステイゴールドを成功させるにはクロフネの助けがマストかと。

ただアイスフォーリスの2016はKey to the Mint持ち。母親の競争能力からしても、まずルーラーステゴの試金石はこれか。


[fin]