砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

神戸新聞杯とオールカマーの予想セット

なんかこう、たまにあるのよね。暇なのに血統へやる気が出ない、という。

カンフル剤として予想をしよう。やっている内にフォーエヴァーラヴ・フォーエヴァドゥリームするかもしれない。

神戸新聞杯の印

エポカドーロ

ワグネリアン

△エタリオウ

上の理由

エポカドーロ強い。オルフェ産駒晩成。エポカドーロ大好き。ダービー2着伊達じゃない。

ワグネリアン藤岡康太への乗り替わりが洒落にならないほど邪悪なもので、ダービー馬の乗り替わりとかもう無理。本命打ちたくない。でもジョッキーの故障は仕方ない。

エタリオウは追い込み競馬ならば傷のない馬で、「芝中長距離のブロードアピール」。目一杯溜めて溜めてからロスなく捌いて追い込んだダービーのボウマン騎乗は神すぎた。あれだけ溜めたらね、そりゃ弾けますよ。

オールカマーの印

レイデオロ

◯ダンビュライト

アルアイン

上の理由

レイデオロは最強クラスの中長距離馬で、ここはどんな競馬でも届かせられそう。マイネルミラノの逃げは緩急があるので、それならTom Foolを信頼。

ダンビュライトは鞍上が武豊ならばどうとでもなるし、展開がどんなに悪くとも一定の脚を使う孝行息子。大阪杯は総出でまくられたすんごい内容だったが、それでも懸命に6着まで残した。こういう馬はよっぽど強いか器用貧乏かの二択。強いとすれば有馬記念で一変も視野。

アルアインは国内中距離ならば安定した実績があり、特に川田将雅とのコンビが絶妙。今回は外国人でも川田将雅でも松山弘平でもない第四の男が乗るわけだが、ディープ×友一もそんなに悪い数字ではなく、折り合いの上手い騎手でもある。3着はマストだろう。

[fin]