砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

2021年皐月賞予想

◎ダノンザキッド

◯エフフォーリア

△ラーゴム

 

エフフォーリアはブエナビスタみたいなものだと思っていて、それならレッドディザイアとかナカヤマフェスタとかドリームジャーニーとかの様な小回り巧者にもチャンスがありそうです。

しかし小回り巧者というのは基本的に晩成な傾向。この時期にピッチの速い走法で天下を取るなんてのはHaloオブHaloにしか無理なことで、ヴィクトワールピサとかロゴタイプとか、そういう馬だけです。

その類がいないと思えば、同型でも中山経験が豊富なダノンザキッドが上手ではないかと。

 

ダノンザキッドは未だにどう見るべきか分からない馬です。スペックで圧倒したホープフルSはともかく、弥生賞での弾け方、負け方ってのはちょっとステイゴールド的です。シルバーコレクターな内容ではなかったか。

だから「今まで通り先行できれば」という様な予想じゃなくて「川田が馬に合った内容で走らせることが出来れば」と。経験値という点では一番でしょう。

 

[fin]