砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

衝動買いの波来たる

久々に買い物をしたくなりました。しかし必要なのかが微妙なものですので、リストを作って1ヶ月後に考え直そうと思います。 プリンター 現在使っているプリンターの操作画面(タッチパネル)が少し壊れているので買い替えを考えています。かなり使用頻度の…

京都記念予想

クラージュゲリエが取り消しとなりました。これの差しをヒモとしようとしていましたので、つまらないような、予想が楽なような。 ミニミニHyperion 昨年の有馬記念はリスグラシューが薄氷の圧勝。オルフェーヴル以来となる軽量馬の制覇となりました。 そんな…

毎年恒例行事

1日目 味覚及び嗅覚に変化がある 心身ともに平常運転 2日目(現在) 眠気が強くて昼寝も6時間コース 体がなんとなくだるい やる気も今ひとつ出ない 3日目(おそらく夜間)(未来) 38度の発熱 体がすごく重い 頭にひどい鈍痛 無気力 おそらく、風邪を…

京都記念展望

今年の京都記念もフルゲート未満の少頭数以上となる10頭立てが想定されています。 昨年の秋華賞1着馬と2着馬の再戦が注目されるポイント。これに善戦マンのステイフーリッシュが如何に立ち回るか・・・。 3頭ともHyperionとFair Trialでありますから、…

雑記 20/01/10

こんにちは、私は勉強に忙しくて競馬に集中できておりません。 もうそろそろ今年のPOGにも少しずつ手をつけようと思いますが、今月の試験が終わってからの話となるでしょう。 忙しいと言いながらもロマサガRSをやっているわけですが・・・。これに関して、少…

2020年のC&Aランキング

こんばんは。今年で30歳になる血統マニア、貫一です。 例によってウダウダと様々のことを書こうと思いましたが、大人しくC&Aについてのみ書くこととします。これが30歳になるということ・・・。(まだなってない) さて、最初の試みとなった2018年に書けるだ…

有馬記念予想

つい最近まで平成だと思っていましたし、令和もつい最近になって始まったものだと。 ところが世間は既に令和2年へ進もうとしていて、私は国家試験の勉強も手を付けていないままに残り1ヶ月というやばい状態。年なんて越したくないっ! 有馬記念は近年まれ…

友人との対話

ジャパンカップが想像よりずっと楽しくて面白いレースでしたので、友人と飯を食いに行ったのです。 その内容をここに記録しておきます。話した内容が不確かであることから、補完という装飾も行っています。 その1 漫画 芝居がかり 友人「ぐらんぶるが実写化…

ジャパンカップ予想

「ジャパンカップは当代最強の中距離馬を決めるレースである」 ・・・なのですが、馬場が悪くなるとだいぶ違った話に。近年では4Rまで稍重であった14年の例がありまして、これは好位から追い出された菊花賞馬エピファネイアの圧勝でした。古くは・・・口に出…

マイルCS回顧

「Robertoの分際でよく伸びた」 と言い方も悪ければ上から目線抜群のコメントをレース後に吐き出しました。 Robertoが外枠に集中すれば潰し合いは必至で、勝ち負けの際にあるのはダノンプレミアムとて厳しかろう・・・と。それならインディチャンプで十全。 …

マイルCS予想

今年の焦点はハナから一つでした。 「Bold RulerもNever Bendも持たないプリモシーンが京都外1600mを差せるのか」 マイルCS勝ち馬のほとんどはこの2血統のいずれか、あるいは両方を持っています。持たない最後の勝ち馬はダイワメジャーでありまして、彼以前…

私のPOG状況

POG

今年もやっております、エルコンさんとのPOG対決。勝負というよりも勉強させていただいている感じのPOG。2年目となりますが、指名馬が被ったことはありません。ドラフトとは・・・? エルコンさんは現在本賞金11595万円。リアアメリアやワーケア、クラヴァシ…

エリザベス女王杯予想

1週空いて、またG1が連続して開催されます。G1がないほうが血統掘りに没頭できる・・・とはいえども、やっぱりG1は楽しみです。 無敗のオークス馬ラヴズオンリーユー。未だ健在の「ディープインパクト×Storm Cat」ニックス配合馬で、ドバイターフ勝ち馬リア…

秋天でスワーヴリチャードに触れなかった理由

私はダービーでスワーヴリチャードに本命を打ちましたし、昨年のジャパンカップでも対抗を打ちました。今年の宝塚記念でも本命を打っていて、あと、AR共でも「スワーヴリチャードとセダブリランテスで決まりだろう」くらいのニュアンスで言葉を吐いていたこ…

秋天予想

昨年の牝馬三冠とジャパンカップでアーモンドアイに抗いました。今年は白旗を揚げて安田記念にて本命を打ちました。結果があれです。 「買わなきゃ来る。勝ったら来ない。」ということです。はい。 Buckpasserの怪速馬、と思いますと私はサイレンススズカを…