砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

POG19-20指名漏れ馬 その1

月日の流れは速いもので(言い訳)、気がつけば二週間も経っていたのですねぇ・・・。 週末は旅行へ行ってきますので、「その2」は週明けになります。 ジェドゥラシャンス 母プレミアステップス 父ジャスタウェイ 生産社台ファーム 牝馬 メモ「4分の1非Nasr…

安田記念予想

印は以下の通り ◎アーモンドアイ ◯スマートオーディン △アエロリット Robertoについて ダノンプレミアムはまず外回り向きとは言いづらい配合ですし、その上でベストパフォは京都外回りだろうと。「春天はRoberto」と言います様に、京都を上手に立ち回るには…

POG19-20指名馬

POG

今年もエルコンさんとタイマンPOGです。今年もよろしくお願いします。 して、私の指名馬は以下の通り。 1位 アブルハウル 2位 スカイグルーヴ 3位 サンテルノ 4位 イグニタス 5位 オーマイダーリン 6位 アイゼンクラフ 7位 ハタノプリエの2017 8位 …

無念のダービー回顧

5月23日に風邪をひきまして、本格的に発熱となり24日には仕事を早退しました。24日から25日にかけて12時間+3時間+3時間と眠りこけ、夜勤業務へ突入。本日、26日は風邪+夜勤明けでグロッキーでありました・・・。 もとより今週は研修課題の追い込みとして…

ヴィクトリアマイル予想

今の東京馬場に思うことは以下の二つ。 内有利でも外差しの届かせ方がある 道中は内べったり 内に張り付かねばならない以上は出足の要求は大きく、序盤のラップはかなり速めとなりましょう。それだけに3角以降でややペースの落ちることが多くあります。 面白…

奇跡を重ねる勝利へ 皐月賞予想

ある程度血統が凝り固まりますと「4分の1非Almahmoud」だとかで馬券を決められるわけですが、今年の皐月賞はこれからの競馬を象徴するかのような様相。これからの血統予想ってこんな奴の連続なのでしょうね。 過渡期にある今が一番難しいでしょう。何をすれ…

泣いても笑っても桜花賞を予想

ウオッカの旅立ちに伴って私はすっかりウオッカに染まり。桜花賞へ抱く楽しみも薄ら。こりゃもう予想なんて出来やしませんなぁと。 なんで、形だけですね。 ◎ダノンファンタジー ◯ビーチサンバ △シゲルピンクダイヤ ここに来て阪神JF本命のクロノジェネシス…

大阪杯予想

キタサンブラックやスワーヴリチャードが上がりの勝負における、外側に存在して勝ちきったのがG1レースとしての大阪杯。マイル実績組に、上がり勝負へ持ち込むと差されてしまいます。 キセキが外側へ行くことが出来るのかがTURNING POINTとなりましょう。 押…

高松宮記念予想に際して困り悲しむこと

血統としての正義を求めると、それは唯一無二のものになってしまいます。今の私はビッグアーサーばかりに本命を打つ脳みそを持つ、愚かな私です。 予想というのは要素をかき集めて天秤にかける楽しさが醍醐味。要素の収集において完璧はなく、誰もがそれを承…

スプリングS予想

今回はPOG馬が出走しますので、普段に輪をかけて冷静を欠いた予想になります。 血統派閥の私は、POGに際して、世代全体の8割ほどの血統へ目を通しました。その上で選んだ5頭でありますから、2位指名馬に対して生半可なイメージを持っちゃいません。サートゥ…

金鯱賞予想

稍重想定であれば中京2000mはスロー展望。スローならば末脚の強度を優先すべきでしょう。 この舞台に求められる末脚の質とはどのようなものなのか・・・という話ですね。 キングカメハメハと取捨 ディープインパクトと真っ向からリーディングを争い、現代種…

金鯱賞出走馬を見る

競馬アセスメント(仮)に未だ難儀。詳細なデータを併記しようとTARGETから出力してきましたが、よくよく考えるとJRA-VANの有料データでありまして。権利の関係より弥生賞は頓死です。 数値の記載や「〇〇の条件はディープがプラス~」なんて話もグレーでし…

先週の「いろいろ」について

中山記念での実践を目標としていましたが、ご覧の有様で更新へ至らず。 頓挫してはいません。慣れないことをしている分だけ手間取っているわけでして。「アセスメントシート」はネットに転がっていますが、それにも種類があります。望む種類がありませんでし…

武豊流を求めて

インティの逃げ方について色々考えていますが、単純にダートレースへの理解が薄すぎて難航しております。 芝からダートへ変わるタイミングを使ってペースを落とすなんて技は、そりゃ当然芝レースでは見られません。ここを追いっぱなしに突っ切る騎手は少なく…

先述の「いろいろ」

いろいろ考えている、と前回のうだうだ話に書きました。 うだうだ書くのは得意技です。毎日書けます。全盛期はうだうだ長文を日に数記事上げていましたし・・・自信があります。小学生のころも作文を一番多く、たくさん書き上げられました。(内容は伴ってい…