砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

アウトブリードとインブリード

堀田茂氏の記事に触発されて書きますが・・・。 実際問題、アウトブリードを支持する「血統論」をあまり耳にしたことがありません。インブリードありきであるのは私もそう。 一介の血統マニアとして、これに差し出口しますと、インブリードの方が分かりやす…

最強の証明 宝塚記念回顧

「机は差さなきゃ甲斐がない」くらいのことを数年前、亡きカワキタエンカの秋華賞で書いたのですが、同じ母父クロフネのクロノジェネシスがあの日と同じ押し切りの競馬で圧勝しました。 物事に難しさなんてのはありませんが、難しきは母父クロフネ。これの正…

20分で予想する宝塚記念予想

どうしよう、というのが一つ。二つも三つも、どうしようって感じです。 サートゥルナーリアは気性が気性、シーザリオの気性ですから落ち着かせるポイントは登坂区間でしょう。これはエピファネイアも同じでして、平坦区間でスッと落ち着くタイプの馬じゃあり…

エアグルーヴ その1

「ドゥラメンテの産駒って結局どうなの?」と思い、まずはエアグルーヴから掘っています。 ドゥラメンテの配合における、大きなポイントは、極端なことを言えば、 Special Northern Dancer Mill Reef Hornbeam サンデーサイレンス カンパラ バロクサイド に…

安田記念回顧

スタートで後手を踏んでしまったのが痛恨であったのかは分かりませんが、アーモンドアイが普通に敗れてしまいました。なんで俺が本命を打つと負けるの?(有馬は打ってませんけれど) あれはもう池添謙一オルフェーヴルのまくりっぷりで、確かにメジロマック…

安田記念予想

これだけのメンツが揃ったのですから、ドハマリすればアーモンドアイの打倒は可能・・・?という話な気もします。 強いて言えばの弱点 アーモンドアイが晒した弱点の一つは「追走能力が高すぎること」でしょう。 「競馬史上トップクラスのスピードを誇る中距…

POG専用ブログ公開

えー、新しいブログを立ち上げたくなる病気ってのがありまして。 その前段階として「このテンプレート良いな~」とテンプレートの変更を考えるわけなのですが、そうなると今までの記事の作り方からして色々と弊害があるわけです。 私の場合は画像を使いませ…

指名馬&指名漏れ馬 2020~2021POG

POG

今年もエルコンさんとタイマンPOGです。 今から修正するのが面倒くさいのでしていませんが、例えば「クロウキャニオンの2018」と書くべきところを「クロウキャニオン」としか書いていません。容赦ください。 また、文中における人物その他はすべて敬称略…

コントレイル、未だに謎

ダービーはコントレイル強し!という内容。 Twitterでは「競馬界の安倍晋三(敬称略)」とネタにしていましたが、「ディープインパクト×Unbridled's Song×Tiznow×Storm Cat×Fappiano」という累代に加えて牝系はLa Troienne。 王者の牝系に王者の血統が重ねら…

東京優駿予想

悩ましい。 ◎サリオス ◯サトノフラッグ △コントレイル エイシンフラッシュはダービー制覇後に勝ち星に恵まれず、5勝目をあげたのは2年後の秋天、スローの東京2000mでした。 ドイツのHyperionは英愛や北米のそれに比べるとG1的な適性に劣るもので、や…

東京優駿予想

悩ましい。 ◎サリオス ◯サトノフラッグ △コントレイル エイシンフラッシュはダービー制覇後に勝ち星に恵まれず、5勝目をあげたのは2年後の秋天、スローの東京2000mでした。 ドイツのHyperionは英愛や北米のそれに比べるとG1的な適性に劣るもので、や…

ダービー難題

これは何に印を打つべきかっていう悩みがすごくあります。 ワーケアは柔らかいくせにBuckpasserっぽい馬でして、Danehill×Vaguely Nobleという母父の存在を感じさせる表現。 だからシーオブクラスとはかなーり違った表現でして、こっちはモズアスコットと同…

ヴィクトリアマイルで遊ぼう!

競馬パワーは全てPOGに注がれているために予想はおざなりに、楽しく、ロマンチックに。 さて、何にしてもテーマは「アーモンドアイを負かす馬はいるのか」です。 「有馬記念のオルフェーヴル」「凱旋門賞のエネイブル」みたいなもので、答えはおそらく「いる…

在りし日は今もそのままに 皐月賞予想

土曜は不良で開催されていて、日曜も重馬場スタート。 となると内馬場はかなーり悪くなるはずなので、機動力ではなくストライドで勝負する世界になりそう。 稍重想定として、更にストライドの勝負。ということは本命がすぐに決まります。 予想印 ◎ダーリント…

夢の3代ニックス 桜花賞予想

今年の桜花賞も楽しいレースになりそうです。 結果がどうなろうとも「勝った馬が強い」と言い切れるのがG1レースの楽しさで、予想そのものにプレッシャーはありません。 どの馬に本命を打っても間違いではないので、正しいことも一切ありません。予想なんて…