砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

ヴィクトリアマイルで遊ぼう!

競馬パワーは全てPOGに注がれているために予想はおざなりに、楽しく、ロマンチックに。 さて、何にしてもテーマは「アーモンドアイを負かす馬はいるのか」です。 「有馬記念のオルフェーヴル」「凱旋門賞のエネイブル」みたいなもので、答えはおそらく「いる…

在りし日は今もそのままに 皐月賞予想

土曜は不良で開催されていて、日曜も重馬場スタート。 となると内馬場はかなーり悪くなるはずなので、機動力ではなくストライドで勝負する世界になりそう。 稍重想定として、更にストライドの勝負。ということは本命がすぐに決まります。 予想印 ◎ダーリント…

夢の3代ニックス 桜花賞予想

今年の桜花賞も楽しいレースになりそうです。 結果がどうなろうとも「勝った馬が強い」と言い切れるのがG1レースの楽しさで、予想そのものにプレッシャーはありません。 どの馬に本命を打っても間違いではないので、正しいことも一切ありません。予想なんて…

大阪杯予想

大阪杯も宝塚記念も平坦スピードの権化が勝つレースだと思っていますし、微妙に秋天とリンクする不思議を感じてもいます。 例年通りその解決にBold Rulerを使うわけですが・・・。 ごちゃごちゃBold Ruler アルアイン(A.P. Indy)やキタサンブラック(ジャ…

パフォーマンスとポテンシャルの頂上決戦 大阪杯展望

「モズスーパーフレアって何食って生きてんだろ」と夜中の気分でつぶやきましたが、我ながら良い疑問であったと思います。 馬なり人なり、興味のあるものに対して行き着くのはストーカー行為。ストーカー行為の行きつく先は食べ物だと思います。「あの身体は…

2020年のコンセプト

POG

昨年は結果的に「行く末見守る系POG」となりました。結果は惨敗濃厚・・・というか、スカイグルーヴとオーマイダーリンの動向からして確定かと。 勝ち負けに強いこだわりはありませんし、エルコンさんの指名馬の結果も楽しみにしているので。特にハーモニー…

拾い物から発想を得る

風邪なのかよく分からない体調不良に悩まされている貫一です。 私は身体が頑丈ではないんですが、ナイーブでデリケートなので、割と回復は早いのです。ところが今回は36.8~37.3度の微熱がまるで収まりません。私の平熱は35.8~36.1度。 咳…

POGに考えていること

POG

今年のPOGをどうするか・・・と考えています。 馬の選出にはいろいろな方法がありますが、なんにせよ、今のやり方ではどうにもなりません。昨年も同じことを言っていたような気もしますな。 今年の見守る系は結果がイマイチ。しかし見ていて面白いのは間違い…

衝動買いの波来たる

久々に買い物をしたくなりました。しかし必要なのかが微妙なものですので、リストを作って1ヶ月後に考え直そうと思います。 プリンター 現在使っているプリンターの操作画面(タッチパネル)が少し壊れているので買い替えを考えています。かなり使用頻度の…

京都記念予想

クラージュゲリエが取り消しとなりました。これの差しをヒモとしようとしていましたので、つまらないような、予想が楽なような。 ミニミニHyperion 昨年の有馬記念はリスグラシューが薄氷の圧勝。オルフェーヴル以来となる軽量馬の制覇となりました。 そんな…

毎年恒例行事

1日目 味覚及び嗅覚に変化がある 心身ともに平常運転 2日目(現在) 眠気が強くて昼寝も6時間コース 体がなんとなくだるい やる気も今ひとつ出ない 3日目(おそらく夜間)(未来) 38度の発熱 体がすごく重い 頭にひどい鈍痛 無気力 おそらく、風邪を…

京都記念展望

今年の京都記念もフルゲート未満の少頭数以上となる10頭立てが想定されています。 昨年の秋華賞1着馬と2着馬の再戦が注目されるポイント。これに善戦マンのステイフーリッシュが如何に立ち回るか・・・。 3頭ともHyperionとFair Trialでありますから、…

雑記 20/01/10

こんにちは、私は勉強に忙しくて競馬に集中できておりません。 もうそろそろ今年のPOGにも少しずつ手をつけようと思いますが、今月の試験が終わってからの話となるでしょう。 忙しいと言いながらもロマサガRSをやっているわけですが・・・。これに関して、少…

2020年のC&Aランキング

こんばんは。今年で30歳になる血統マニア、貫一です。 例によってウダウダと様々のことを書こうと思いましたが、大人しくC&Aについてのみ書くこととします。これが30歳になるということ・・・。(まだなってない) さて、最初の試みとなった2018年に書けるだ…

有馬記念予想

つい最近まで平成だと思っていましたし、令和もつい最近になって始まったものだと。 ところが世間は既に令和2年へ進もうとしていて、私は国家試験の勉強も手を付けていないままに残り1ヶ月というやばい状態。年なんて越したくないっ! 有馬記念は近年まれ…