砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

東京優駿

無念のダービー回顧

5月23日に風邪をひきまして、本格的に発熱となり24日には仕事を早退しました。24日から25日にかけて12時間+3時間+3時間と眠りこけ、夜勤業務へ突入。本日、26日は風邪+夜勤明けでグロッキーでありました・・・。 もとより今週は研修課題の追い込みとして…

東京優駿回顧

エポカドーロが押しながら逃げへ回った時にはボロ負けフラグかと思ったし、直線ではもうハラハラ・ドキドキで「いつ、いつ交わされてしまうんだ。あぁ、あぁ。」。 内へ切れ込んだ分だけ「おぉ、突き放したぞ!(錯覚)」と喜んだのもつかの間。ダノンプレミ…

東京優駿予想

ダービーとはロマン。血統マニアのロマン派である俺は夢を見たい。 皐月賞といい夢見てばかりだが、クラシックは夢見る舞台である。問題は、何で夢を見るかだ。 昨年のダービーはハーツクライのHaloぶりにロマンを見た。それはルメールの執念によって打ち砕…

東京優駿展望

東京2400mは険しい条件だ。 「スローからの上がり勝負」というイメージを先行させると間違ってしまう。千八馬としての適性で勝ち切れる条件ではあっても、そりゃとってもレベルの高い争いだ。「3歳千八馬世界最強決定戦」といっても過言ではない。「4分の1サ…

日本ダービー展望に代えて その2

やっぱね、血統予想より配合予想の方が楽しくて指も踊る。 アドマイヤアルバ 1勝に5戦を費やし、2勝目には更に3戦を費やした。ここへは9戦目となった京都新聞杯を2着しての出走である。 須貝師の管理する馬で、京都新聞杯までは1600mを5戦、1800mを3戦した。…

日本ダービー展望に代えて

日本ダービーは夢の舞台。この場において血統の偏りだとかは言いたくない。 惚れた血統を買いたい。とことん。 であるからして、気になる馬の血統について書いておく。 エポカドーロ 父オルフェーヴルは小回り内回り特化の最強中距離牡馬で、ノーザンテース…

ルメールの手腕

おそらくミルコは「ルメールが行ったぞ、レースが動く。」と思ったはず。だから抑えた。 ところがルメールの巧さはそこなんだ。レースを動かさずに自身だけを移動させられる。それはオークスで見せた先行争いからしてもそうであって、サッと動いてサッと収ま…

まっしろ 日本ダービー回顧

朝、目覚めて、今日は日本ダービーだと深く思った。仕事に出かけて結果を見られるのは19時以降だと分かっていたから、一言もダービーのことを発さずに、ただ留めて、19時を待った。 レイデオロ。横ノリスローの展開で「4分の3Buckpasser、4分の1Kingmambo」…

カデナとスワーヴリチャード

神は仰っている。「蛇足せよ」 カデナはヒシアマゾンなんだー、という話をした。 これはノノアルコとRelic的な脈絡を以って表現された部分だと推測されて、とりあえず深い理屈は分からないけれども、「Princequillo的に柔らかいヒシアマゾン」くらいには言え…

東京優駿の予想

◎スワーヴリチャード ◯アドミラブル △カデナ クリンチャーが内へ入ったので後ろにはペース配分の広い庭が用意されるだろう。このメンツと枠では主導権を握るのは差しや後方の馬であり、レースを描くのは間違いなくアドミラブルとミルコ・デムーロ。 ビュッと…

Halo≒Sir Ivorを撃ち落とし続ける男

スワーヴリチャードの配合において最も素晴らしき点を挙げるとすれば? 俺はずっとこのことについて悩んでいた。自分語りだが、日本ダービーは男を繊細にさせるので気にしないで欲しい。徒然草だって自分語りをオカマ口調で始めるのだ。構わんだろう。 キャ…

日本ダービーにおける精神論

血統ファンの予想とは信じることにある、と思う。信じるのは馬であり、あるいはその馬を信じる自身であり、結局は自分。だから予想を研ぎ澄ますということは自分を磨くことでもある。自分を信じられる自分でなければならない。 その域に達していないから理屈…

ダービー馬の価値

今年のダービー予想の肝はBlue Larkspurだ。如何にこのスタミナを早期に発現させ、この鋭さとパワーを外回りへ転化するか。 サンデーサイレンスの切れとは何であるか・・・ということを、これから我々競馬ファンはまた衝撃と共に目撃することになる。山ほど…

日本ダービー所見 月曜日版

◎サトノアーサー ◯アドミラブル △ウインブライト 印はなんとなくで打っている。 京都新聞杯に優先出走権がないことを初めて知った。サトノクロニクルの出走は厳しい様子。「4分の1Halo、4分の3Northern Dancer」を絶対とはしないが勝ちやすいのはこの部類の…

日本ダービー回顧

今年も俺の500円はJRA貯金へ・・・。 大知がレースを作り、中団の頭を武豊が抑えた。エアスピネルを完璧に掴んでいる武豊の運びは完璧と言うべきで、最後の最後に差し込んできたのはディープインパクト産駒のサザンヘイロー持ち二頭であった。 エアスピネル…

日本ダービー予想決定版

◎ディーマジェスティ ◯ロードクエスト △マカヒキ ◎-◯-△の三連単一本から日和って3連複。 馬場は外差しが届きづらく、そのためスローが濃厚。かといってスローで良しとするジョッキーだけで構成されているわけでもないため、どこか・・・向こう正面でペース…

ここ数年で一番面白い枠 日本ダービー予想

「やっぱ逃げ馬は内に入れたいですね」 「前走にちょっと無理逃げしちゃった大知を最内にいれましょう」 「そうすれば行かざるを得なくなってペースが上がりそうです」 「でしたら外にも同型を配置しなければなりませんね」 「然様。メイケイペガスターみた…

馬場が速いからこそ思い切る ダービー展望

青葉賞もプリンシパルも、あるいはメイSも。 逃げた騎手はかなり積極的な戦法をとっていて、馬場の速さを頼りに逃げ残ろうという意志が見える。中山も以前はスロー天国だったが馬場改修によって柴田大知などを筆頭に速めの押し切りが多くなっている。3角4角…

日本ダービー展望

例年にないほどの好メンバー・・・という文句は日本ダービーにおいて日常茶飯事とも言うべきことで、例えばディープインパクトの年だろうがキングカメハメハの年だろうが素晴らしいメンツがそろっていたことに違いはない。 今年のメンバーが昨年のメンバーを…

東京優駿回顧

横ノリさんと酒井学のゲート出しはまるでゴール前の追い比べの様。

馬券を絞る 東京優駿予想

馬券予想で甘いもの食いまくり。

東京優駿展望 戦術論

毎度毎度こんなに面白い枠をJRAはよく作るもんだわ。

東京優駿展望 ペース

逃げ馬がいないのである。

東京優駿展望

「ダービーってのは俗にいう英ダービーを指すんだ。日本のダービーは日本ダービー。ダービーと一言で済ました時、それは本物のダービー、英ダービーなんだ」

ダービー回顧

馬場を考えるためにも必要なことです

素晴らしきかな今年のダービー2

どうなるんだべ。

素晴らしきかな今年のダービー

有象無象と呼ぶにふさわしいメンツ。乱戦模様っ!

今一度日本ダービーを振り返る

QUEENのベストを聞きたくなった。 聞いている間が手持ち無沙汰となるので何か書こうと思った。しかしネタが・・・。 仕方ない。こういう時は競馬のことを考えよう。