砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

2022年宝塚記念予想

宝塚記念どうすっぺなぁ・・・と数日悩みまして、土曜深夜になってもこうして結論が出ません。(POGリストの始末が本当に終わらない) ゴールドシップを今にして思うと、水のような馬だったなぁと。高きより低きへ流れる水の様に、エネルギーの消耗は高さ=…

2022年POG指名漏れ馬 登録用

POG

今年はリスト前の段階で色々と書き込んでいるんですが、まだ時間がかかります。先に馬名だけ・・・。 社台枠指名漏れ 1,ファイナルスコアの2020 2,アンフィデルマールの2020 3,クルミナルの2020 4,シュピッツェの2020 5,ミスドバ…

2022POGドラフト結果

POG

今年もエルコンさんとのタイマンPOGが始まります。今年は社台の良い血統が多くて、非社台枠に時間を作りきれなかったのが残念かな。 1位 ブラストウェーブ 性別 牡馬 父 ハービンジャー 母 ツルマルワンピース 生産 ノーザンファーム 馬主 シルクレーシング…

ドウデュースとソングオブウインド

決め手はドウデュースとソングオブウインド。 「ダストアンドダイヤモンズというのは純北米すぎてキモいなぁ」 「こんなに北米でスプリントに寄らなかった馬なんていたっけ?」 「あぁ、エルコンドルパサー」 エルコンドルパサーもマイラー疑惑を払拭して2…

2022年東京優駿回顧

書きたいことは、いっぱいあります。 けれど、兎にも角にも13年のダービーが全てで。あの日握りしめたペプチドアマゾンの複勝馬券が全てで。いつだってダービーになれば「俺はアポロソニックを買うんだ」と、心に決めて、ペプチドアマゾンは買わないぞ、ペ…

2022年東京優駿予想

本命は皐月賞を終えた段階でほぼほぼ決まっていて、その通りでいいかと思います。 そして、私は夜勤明けで、考え事すると吐き気を催します。 ◎ドウデュース ○イクイノックス △アスクビクターモア [fin]

2022年優駿牝馬回顧

かすりもせず。仕方なし。 スターズオンアースが二冠ということで・・・桜花賞の延長線上に描かれるオークスと言いましても、例年よりずっと桜花賞気味のレースになったかな。 60.6-24.8-58.5です。これを33秒7の豪脚で差し切った以上は不平不満はなし、…

2022年優駿牝馬予想

桜花賞はウォーターナビレラが機動力による抜け出しで勝ちかけたが、スターズオンアースが絶妙の差しで交わし去った。 ヴィクトリアマイルの予想を終えてずっと思っているのは、「石橋脩騎手が主戦を務めていた馬は、コーナーワークが鍛えられている」という…

2022年ヴィクトリアマイル回顧

さっぱりまるで当たらんかった。何もかも違っていた。 内側は内側で争うしかない枠でしたが、レシステンシアだけが外に張り合えるかなぁという逃げ予想。ところが張り合うなんてことはなく、「脚力が違うんです」とばかりにレシステンシアとソダシがポーンと…

2022年ヴィクトリアマイル予想

ファインルージュに◎を打とうと思っていましたが、ルメールはどうもボストンハーバーの軽快さを差しの鋭さとしているようで。 エピファネイアの屈辱を味わった福永騎手の方が前で受けていて、ファインルージュは紫苑Sの乗り方で良いと思うのです。どんなに立…

2022年ヴィクトリアマイル展望

とりま、簡単に予想の下地を書こうかと。 デアリングタクトは故障明けの1戦目で、三冠牝馬ですからVMやエリ女を大目標に据える馬でもなし。宝塚記念というのも違いますが、ここは馬の状態を様子見する面が強いのではないかと。 マイラーなら春1戦を覚悟し…

2022年NHKマイルC回顧

勝ち馬ダノンスコーピオンは明らかにRoud Tableの影響が強い馬で、共同通信杯が案外で阪神外1600m~1800mをきっちり走ってきたのは下りでアドバンテージを取れていたからだろう、という読みでした。 しかしそれにしては朝日FSの伸び方が曖昧で、下…

2022年NHKマイルC予想

NHKマイルCはフレンチデピュティで、という時代もありました。 なんでそれがまかり通ったのかというと、Hail to ReasonとNorthern Dancer、そしてBold Rulerの組み合わせが容易く行えたためではないかと思います。 これにTom Foolが入るとややこしい表現にな…

2022年POGで思ったこと

POG

その1 リアルスティール×ドイツ多すぎ問題 スターズオンアースからドゥラドイツ狙うぞ!と思いきや、リアルスティールにほとんど取られています。なんで? その2 サトノ×2の好評問題 サトノクラウンとサトノダイヤモンドの産駒の評判が良い。初年度なので…

2022年天皇賞春予想

ディープボンドでいいと思うのですが・・・。 前走がルメールみたいな差し方をしていて、あの登坂部分で「俺が一番余力あるんだぞ」という差し方、あれは生粋のステイヤーがやる仕事なのかなぁ。いや、足らせたって感じでもなし。 間に合わせて差したんじゃ…

2022年皐月賞回顧

◎アスクビクターモアは逃げざるを得なかったのが痛恨で、あそこで引いたらドスローになったかもしれないという。あの躓きはデシエルト自身よりも、アスクビクターモアに辛かった・・・。 〇ジオグリフと△イクイノックスで決着しましたが、この時計と展開なら…

2022年皐月賞予想

このメンツで泥んこダービーをやったらどの馬が勝つでしょう・・・?そういうメンツですな。 中山というよりかは阪神内、中山というよりかは東京。そういう馬が多いのはもちろんのことですが、不良馬場に適性のある馬も多そう。これは多分荒れるんでは? ◎ア…

2022年桜花賞回顧

石橋脩騎手で前受け、乗り替わって差し切り一閃。よくある出来事ですが川田騎手への乗り替わりでもそうなるのか・・・。 スターズオンアースですか。ドゥラメンテとサザンスターズ、相容れない累代の中でMr. Prospector4×3の共通項が煌めく配合。 この切れ…

2022年桜花賞予想

未だにイン有利な馬場は継続。外回りでも前が止まらなくて、先頭が止まっても好位から突き抜けてくるから差し追い込みは厳しい・・・というのも難しくて。 阪神外1600mは阪神内2000mと真逆でありまして、リズムよく運ぶことが容易い条件と言えます…

2022年大阪杯回顧

ポタジェの勝利には驚くばかりで、ジンジャーパンチで阪神2000mを立ち回っちゃうんですねぇ・・・。 ジンジャーパンチ=ルージュバックでイメージが固まっていて、それは「とことん不器用だけれど、ハマればG1級」でした。吉田隼人騎手を鞍上にあんなグ…

2022年大阪杯予想

大阪杯は先行してなんぼだと思いますが、覚悟の必要なことだなぁと。 スローにすりゃ後ろに差されます。談合をやる余地などありません。もちろん陣営及び騎手は手段を講じるのでしょうけれど、「馬のペース」が軸にあるのは間違いない。 コーナー4つの20…

ナランフレグ雑感

まず軽く見て、驚いたのは母母ビューティークロスの配合。これMilesian≒ホウヨウクイン5×2です。細かいこと仕込んでるんですなぁ。 そんでよくよく考えたら母ケリーズビューティは非Prince Rose。というかRose Princeすらありませんね。Native Dancerもノ…

2022年高松宮記念回顧

45分出走だと思っていたので、38分ごろに予想を書き終えたのですが、実際は40分出走でギリギリ投票が間に合いませんでした。おかげで私の1000円は守られました。ありがとう。 波乱の決着でしたが・・・まぁ、悪い意味で想定内かな。 ナランフレグ…

2022年高松宮記念予想

予想するの久しぶりで戸惑いが半端なく。 レシステンシアはPromised Landのインクロスなんで、G1で微妙に勝ちきれない感じは妥当かなぁと。Sun Again系のインクロスが強い馬は内回りのが強いんですよね。 なんちゅうかStorm Cat的な適性が強くなる印象。高速…

来季POGでやりたいこと その3

POG

ミッキーアイル産駒を指名してみたいですね。 ノーザンもそりゃ多いんですが、価格相応に非社台も走っています。ただ、まぁ、やっぱりノーザン安定かな。ナムラクレアを追うのはちょいと厳しいような。 ミッキーアイルはスプリント~マイルで活躍しています…

来季POGでやりたいこと その2

POG

昨季のPOGは確かに低調であったわけです。 全8枠・社台グループ4枠・賞金加算5着までというルール。3月11日現在で本賞金1億弱です。このくらいの額なら昨年のステラヴェローチェ・ダノンザキッド・サトノレイナスがそれぞれ稼いでいるわけですね。(…

来季POGでやりたいこと

POG

悩みますね。色々と。 宗教上の都合でサンデーインクロスは選ばないかと思います。4分の1非Hail to Reasonかつ非Northern Dancerを構成できている配合があればいいのですが、その表現が成立するかどうかは難しいところ・・・。 例えば4分の1Monsunでサン…

ハービンジャーの後継種牡馬について

今年最初の記事はハービンジャー。 ブラストワンピースが乗馬となるということでして、これはやむなしというべきか、もうちょっと馬産も情熱を持ってもよさそうでもありますが、うーん、やっぱりやむなしかな? クラシックディスタンスの雄ですんで、ハービ…

2021年有馬記念予想

スプリンターズSだとかは世代交代を印象付ける傾向が強いレースです。有馬記念はそれとは真逆で、「最強馬はやはり最強である」という結果が出がちです。 ・・・ 正直、今年の有馬記念は見に徹したいっすね。こんなサドラーまみれの有馬記念は分からんです。…

朝日FS回顧

馬場と枠からしてドウデュースが一番競馬はしやすかろうな・・・ってのは競馬ファンの多くが予想したことかと。 予想外だったのがカジュフェイスが強気に主張して前3Fを34秒3で通過したことでしょうか。流石にこれへ絡むのは難しくて、その後の緩みを咎…