砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

Torpenhowを越えていけ 2024年桜花賞予想

ステレンボッシュをPOGで指名したこと、そしてこの桜花賞で本命を打つこと、これによってエピファネイアという種牡馬に対する、一方的な、わだかまりが解消されることとなります。 私はいつもビギナーズラックを取り逃がします。13年の東京優駿から始まる…

2024年大阪杯予想

ドバイはめちゃくちゃ楽しみですが、シフト制で働く私に日曜はないので。 大阪杯をざっくりやっていきますが、まぁ、嵐猫やDeputy Ministerが強いレースですよね。それで父がディープやハーツでOKです。 これは「父のFair Trial的なものを、母が北米的なもの…

2024年高松宮記念予想

また重~不良で馬場が想定される高松宮記念。これはもう「気性難の父」と「母父スタミナ」を狙っておけば大体あたるんですが、まぁ、難しい。(そりゃそう) スタミナで重馬場得意っていうと母父ディープとかになりますが、当たり前に千差万別です。他の血統…

ざっくり血統表チェック ノーザンファーム編(嘘)

そろそろPOGの方も進めて行きたいところ。ざっくりと血統表の方を考えておきましょう。 ここから気になった配合馬を書いていき、私のコメントを添えます。そこに強いメッセージ性はなく、このときに私はそう考えたというだけの話です。最終的にPOGで指名する…

種牡馬サートゥルナーリアをどう考えるか

正直、トゥルトゥル君は種牡馬として大して成功しないんじゃないのかって思ってたんですよね。シーザリオはエピファネイアが至高であり、この系譜ばかりが残れば十分なのだ・・・そういう排他的思考もありました。 本当にエピファネイアが大好きだった時期な…

種牡馬レイデオロの振り返り

もうそろそろPOGも来季の指名に関して考える頃合い。まぁ、レイデオロはもう指名しないかなぁ・・・と。 私はドレフォンもロードカナロアも避けていて、このカテゴリですよね。種牡馬として悪いとかではなくて、POGと相性が悪いとかでもなくて、そうですね、…

来季POGはB&モルタルを攻略したい

私事ですが、JRAVANデータラボ・JRAレーシングビュアー・netkeibaプレミアムを解約しました。JRA公式の映像と無料の戦績・血統表で私の競馬ライフは完結していることに気づいたのです。(不便ではありますが) これにより私は有料情報と一切の決別を果たしま…

ウインドインハーヘアあれこれ その2

このウインドインハーヘアに関連する記事は「メモ帳」カテゴリなので特になにか進捗があって書くわけではなくて、備忘録的なニュアンスが多めです。 「チラシの裏に書いていろ」という古いネットミームが刺さる話でもありますが、私が有用に使えなかった部分…

ウインドインハーヘアについてあれこれ その1

blog.goo.ne.jp レガレイラの配合と表現を語るならドウデュースを語るのもセットになるのが面白いところですが、そこからコントレイルやらにも飛んだりとかもあります。にっちもさっちもいかない・・・というのが年末年始の私でしたねぇ。(あけましておめで…

PCが「修復の準備をしています」と詐欺を働くことがある話

www.orange-ss.com 「オレンジセキュア」さんのページが今回は最も有用でしたので、リンクを貼っておきます。 1月4日の夜にエクスプローラーがダウンしました。デスクトップ上のショートカットを整理している最中に白くなり、カーソルがクルクルして、何も…

2023年ホープフルS予想

ソットサス=シンエンペラーは好配合ですから、凱旋門賞勝ちの全兄に近いスペックでも不思議はありません。ベストは1800m近辺で、だからこそ日本へ連れてきたのでしょう。 この配合で1800mベスト、京都2000mを1着となりますとドイツ的表現が強そう。相手関…

2023年有馬記念回顧

ジャスティンパレス横山武史がきっちり後方、それも最後方まで下げたのは流石というべき。ソールオリエンス川田との差がきっちり出たという内容です。 ただ、まぁ、馬の力でフィーバーしているだけだとルメール騎手に負けてしまうってのは確かにあります。だ…

2023年有馬記念予想

◎ドウデュース ◯タスティエーラ △ソールオリエンス 牝馬なら父母にSpecialのスタミナを抱えるパターンが好走。今年はオルフェ牝馬のライラックが穴っぽくても、掲示板までという読みですね。(オルフェーヴルの3代母グランマスティーヴンスがSpecialと近い…

2023年朝日杯FS予想

◎ジャンタルマンタル ◯ダノンマッキンリー △セットアップ 朝日杯は嵐猫の前受けとRomanニアリー群の差し込みで1着2着はほぼ内定。3連単1点で買うなら3着は迷いどころですが、1着があってもいい好配合セットアップで。 2歳G1ということもあってパワー…

2023年阪神JF回顧

あー、ステレンボッシュがこういう脚を使うイメージなかったですね。 基本的に中距離~中長距離で万歳三唱な配合で気性的な爆発力が低いわけですから、まぁズブいはズブいでしょう。阪神外マイルは「キレるけどズブい」が一変する舞台でもありますから、ある…

2023年阪神JF予想

正味・・・2歳G1に血統も何もないんですが。 まー、強いて言えば・・・才能でゴリ押せるようになっているか、ですかねぇ。例えばオルフェーヴルなんかは朝日杯FSを制するようには出来ていなかったですよねー。牡馬ですが。 牝馬ならアーモンドアイとかにな…

ステレンボッシュについて少々

阪神JFにおいてはここを何馬身突き放して勝つかという世界でしたので、ボンドガール陣営は落胆を隠しきれないところ。その他の馬は一気に色気づきました。 前走は牡馬相手に東京マイルで善戦以上の内容。相手関係も例年なみは揃っていた印象ですし、2歳の今…

2023年ジャパンカップ回顧

今回は下書きという名の「自分の世界ワールドな予想」もアップしておきます。 おおよそ想定通りの展開でしたが・・・タイトルホルダーがガチで勝ちに行ったのが予想外でした。3角過ぎから蓋をしたのは現代の関東流で、「同じタイミングでスパートしたなら前…

2023年ジャパンカップ予想 下書き

三冠馬が3頭揃った20年を超えるメンツとは言わないにしましても、それに匹敵すると言っていいでしょう。それにフルゲートでアベレージも高い。 歴史的な名馬が・・・まぁ4頭ですかね。それに当代の名脇役というべきディープボンド、最強馬(候補)を3歳…

2023年ジャパンカップ予想

まー、秋天ならドウデュースで抗う手があったわけですが、2400mのジャパンカップではイクイノックスに抗う手がないという・・・。 ◎イクイノックス ◯スターズオンアース △ダノンベルーガ リバティアイランドの本質はBest in Showにあると思いますが、根…

2023年マイルCS予想

はい、忘れてました、G1レースを。今現在、出勤20分前です。 このメンツで京都のマイルCSですから、まぁ、ダノンスコーピオンに変わり身があれば、って感じですかね。Round Tableの表現が強いマイラーなので配合通りならここがベストかと。 しかしRound Ta…

2023年エリザベス女王杯予想

距離を完璧にこなせるのであればブレイディヴェーグでよし。ミュージカルウェイらしく故障しがちで間を空けてしまったけれど、血統なりに順調(?)な戦績であると言えます。 ただ、ミュージカルウェイは晩成というよりかは形になるのが遅いというイメージ。…

望田潤氏の大喜利に挑む季節なのですね

blog.goo.ne.jp お題は岡崎氏所有のフェアウェザーです。 5代血統表|血統情報|フェアウェザー|JBISサーチ(JBIS-Search) Mr. Prospector直系としては珍しい形ですが、フォーティナイナー直系ならこんなもんですね。Native Dancerの美点を表現するにあた…

2023年天皇賞秋回顧

とりあえず・・・純正Lyphardは横サンドイッチ禁忌ですね。 イクイノックスがふわっとそよ風のようにして、外から流れ込んだとき、そうですね、華麗なるあの前受けで勝負ありでした。少頭数ならアレが出来る、ということなんですかね。フルゲートならもっと…

2023年天皇賞秋予想

上位2頭が抜けた存在ですし、プログノーシスの評価もおおよそ適切なのかなと。 日本ダービーにおける上位2頭の差というのは、「8分の1トニービン」が3歳春の段階で仕事をし始めていたのがドウデュースであったということだと思います。イクイノックスは…

2023年菊花賞予想

◎ソールオリエンス ◯タスティエーラ △ハーツコンチェルト △はサトノグランツにしようかと思わなくもなかったのですが、チェリーコレクトというのはどちらかといえば有馬寄りの血統です。これに印を打つなら一番上になっても不思議はないよなぁ、って。それじ…

2023年秋華賞予想

忙しいので駆け足で コンクシェルの逃げと思われますが、2走前と同じ形は微妙。スロー想定で間違いなくて、そうなるとリバティアイランドは前で構えるのは無理筋に近いかと。 リバティアイランドの強さはドゥラメンテの娘としての強さといえるわけですが、…

2023年スプリンターズS予想

ちょっぱやで終わらせたい ナムラクレア 中山1200mを差すには母サンクイーンⅡのStorm Cat×Kris S.がネック。図太い差し味はストロングポイントに数えられるが、機動力に劣る部分がある。配合の点ではLady Jurorのアウトブリードに魅力があるにせよ、ス…

早めに伝えておきますがソールオリエンスは菊花賞なら距離もちます

ちょっとプライベートが忙しくて今年いっぱいは更新頻度が落ちると思います。それだけにいつ書けるのか分かりませんから、先に書いておきます。ソールオリエンスは距離もちますよ。 本質的にソールオリエンスはTudor Minstrelでして、ソールオリエンスの非凡…

レガレイラは異質のハーツ直系馬となりえるか

レガレイラは祖母ランズエッジが「サンデー+Nijinsky×Lyphard+Crepello」の組み合わせとも言えて、ハービンジャーは「Northern Dancer+Crepello」の組み合わせを持つ父母から誕生しています。 ハービンジャー自身は「Nijinsky+Lyphard+Crepello2本」と…