砂時計のくびれた場所

競馬の血統について語るブログ

予想

ヴィクトリアマイル予想

今の東京馬場に思うことは以下の二つ。 内有利でも外差しの届かせ方がある 道中は内べったり 内に張り付かねばならない以上は出足の要求は大きく、序盤のラップはかなり速めとなりましょう。それだけに3角以降でややペースの落ちることが多くあります。 面白…

スプリングS予想

今回はPOG馬が出走しますので、普段に輪をかけて冷静を欠いた予想になります。 血統派閥の私は、POGに際して、世代全体の8割ほどの血統へ目を通しました。その上で選んだ5頭でありますから、2位指名馬に対して生半可なイメージを持っちゃいません。サートゥ…

金鯱賞予想

稍重想定であれば中京2000mはスロー展望。スローならば末脚の強度を優先すべきでしょう。 この舞台に求められる末脚の質とはどのようなものなのか・・・という話ですね。 キングカメハメハと取捨 ディープインパクトと真っ向からリーディングを争い、現代種…

京都記念予想

京都2200mは意外と差しが決まらない条件で、これは2000m以上の非根幹距離に通じる傾向です。 総じて末脚や展開の勝負となりません。道中にかかる負荷を乗り越えて、一等先に抜け出したもの勝ち。「ねじ伏せる条件」です。 面白いのは「競り落とす条件」でな…

新車欲しいでござる 東京新聞杯予想

今年の東京新聞杯はかなり難しいレースになっていて、血統派が予想をするには厳しく。でも予想します。タイトルの様な理由もありますので。 とりあえず◎インディチャンプで良いでしょう。Miesqueの匂いがする馬ですから、福永騎手もワグネリアンより乗りやす…

中山金杯予想

チャゲアスランキングを年始めとしようと思ったんですが、終わりませんでした。先に中山金杯の予想を。 年明けの中山は内馬場が良好で、マイネル軍団がバカかアホのようにして後続つぶしを画策する面白い条件と化します。捉える自信があるものですから、後続…

ホープフルS予想

開催が進んだことにより馬場が荒れている。雨の中でぶん回しを繰り返したせいか、日曜のヴィクトリーロードに陰りが見える。好位からの外行きが優勢。 であれば早めに動き出せるブレイキングドーンが優勢であるが、スロー想定であれば割る必要が出てくるかも…

朝日杯FS予想

特たる前置きはなく、印をば。 ◎マイネルサーパス ◯グランアレグリア △ディープダイバー マイネルサーパスは本当に荒削りすぎる馬で、ちょっとこれを2歳で買うのには勇気が要りすぎる。展望記事とは真逆の馬だ。けれど久しぶりに配合を心から褒め称えたいラ…

朝日杯FS展望

阪神1600mで争われる2歳牡馬の王者を決める一戦だが、ホープフルSがG1へ昇格した今となってはやや存在が薄くなっている。 中山時代はトリッキーなレイアウト故にスペシャリストが台頭していた。阪神外1600mとなったことでクラシックへの直結が見込まれたが、…

阪神JF予想

古馬重賞中京2000mというのは大変にそそられるが、来年の3歳もやっぱり大事。 桜花賞と同じ舞台で争われる2歳G1。半年も間が置かれないので繋がりは強く、連勝はアパパネやブエナビスタまで遡るものの、勝ち馬の好走は目立つ。 早熟なスピードの完成も大事で…

厄払いのチャンピオンズC予想

3連単オンリー500円馬券マン貫一はジャパンカップを△-◎-◯で逃し、チャレンジカップを◯-◎-△で逃した。 貫一は悲しんでいる。「選ぶ馬に間違いはないのに、素質を読み違えてしまう。」「◎が2着になる予想など意味がない。」などと偉そうに泣いている。実際…

チャレンジC予想

昨年から外1800mから内2000mへコースが変わったチャレンジカップ。Fair Trialでまくって、Buckpasserでもう一伸びするレースとなった。 今年はG1勝ち負け級の猛者が3頭ほどあり、エアウィンザー・ダンビュライト・レイエンダは折り紙付きの実力馬。社台系の…

京都2歳S予想

なぜマイルCSの内差しが決まるのか、ということをステルヴィオと併せて考えていた。その目星がついたので、京都2歳Sで実験をしてみようと思う。 京都の馬場状態 見つけた要素は以下の様なもの 1,バックストレッチと1角2角は内を空けている 2,内外の3角4…

名手の陰にスロー 11/3・11/4回顧

今年のAR共は怒涛のG1三連発の影にあり、「一流ダートに乗られない騎手」の競演となった。 ルメールなし、ミルコなし、武豊なし、岩田なし、藤岡兄貴なし、横ノリなし、戸崎なし、池添なし、大野なし、福永なし、和田竜なし、ウチパクなし、フルキチなし、幸…

AR共予想

La Troienneの観点から色々と考えていたが、ふと我に返った。 La Troienneとしての正しさを求められるということは、Native Dancerとしての正しさを求められているのだ。Native Dancerとしての正しさとは、Hyperionとしての正しさだ。 それはさておき、Nativ…

AR共展望

たまにZARDとか聞きたくなるときがある。 ロマサガ3ファンとして「この愛に泳ぎ着かれても」は欠かせない。 問題は、ロマサガ3をカタリナ主人公で始めたくなること。 最強のBusandaは何処に これまた逆説的というか、いろいろわからなくなるところだが、と…

男池添、壮大な伏線を携えてディアドラ殺りへ向かう。

このラップで逃げ切っていたらスワーヴリチャードVSカワキタエンカのタイマンレースが実現していたかなぁ・・・。 秋天を睨んだ逃げなんてことはないが、エリ女へのイメージを固める意味合いは大きそうだ。収穫は大きい。 薄々勘付いてはいたし、陣営にとっ…

府中牝馬S予想

予想というのも色々難しい。 今回、秋華賞ではアーモンドアイに本命を打っていない。美学もあるけれども、絶対馬へグリグリを打つためのプロセスを踏んでいないってのもある。 俺は未だに彼女の強さを理解していない。理解していないものに本命は打ってはな…

復調のダイヤモンド

京都大賞典と毎日王冠は◎だけ当たり。血統派閥の人間が人気筋の◎を外したら二束三文なので、一安心ではある。エネイブルもきちんと当てられたら良かったんだが・・・。(◎エネイブルならクロスオブスターズも拾えたかなぁと) スマートレイアーは早め進出か…

京都大賞典予想

凱旋門賞を買うか京都大賞典を買うか悩む。毎日王冠はスルー。 一週間に一馬券(三連単一点500円)と決めてはいても厳しくあるわけでもない。たまに1000円くらい出してもいいし、300円と200円に分けてもいいし、でもなんとなく今週は一回だけにしよう、と。 …

毎日王冠予想

凱旋門賞の予想もしたいので簡単な予想を。 予想印 ◎アエロリット ◯カツジ △サウンズオブアース 予想文 開幕週なら馬場に凸凹は少ない。内馬場有利ということでもないが切れ味優勢でもなく、アエロリットの適性を破る馬はいなさそう。ペースは流れるだろうか…

毎日王冠ってのはさぁ・・・!

こんにちは。競馬歴が深まるほどに東京適性が分からなくなっています、貫一です。 実はもなにもないのですが、日本の競馬場って平坦ばっかりなのです。京都外の3角を厳しく思えるほど関西圏は平坦で、中京や阪神の登坂を厳しく思えるほど平坦です。芝の北米…

オールカマー回顧

レイデオロは配合からして馬群を割る可能性を否定しづらく、しかし中長距離馬としての格からしてRobeto気性も受け継いでいるのではないか、ということを夜な夜な考えて本命を打った夏の終わりのこと。 残暑厳しいなぁと思えば昨日今日は寒い。窓を開けた翌日…

神戸新聞杯回顧

そこから落馬せずにすぐ加速したあたり、エポカドーロの運動神経を褒めたくあるが、流石にちょっとマズイ出遅れではあったか。最近の重賞でこれほどレース展開に影響を及ぼす出遅れは見ていなかった。 ワグネリアン強し、という内容。藤岡弟の位置からしっか…

暇つぶしに日曜芝レース全ての予想を

昨日は2時に寝たというのに、7時にきっちり覚醒。老化現象・・・!? 白飯が炊けるまでに暇なので、簡単に予想を書いておく。神戸新聞杯とオールカマーに大きな熱がないのだわ。 ワグネリアンがズブくなっていたり、エポカドーロがマイラーに寄っていたり、…

神戸新聞杯とオールカマーの予想セット

なんかこう、たまにあるのよね。暇なのに血統へやる気が出ない、という。 カンフル剤として予想をしよう。やっている内にフォーエヴァーラヴ・フォーエヴァドゥリームするかもしれない。 神戸新聞杯の印 ◎エポカドーロ ◯ワグネリアン △エタリオウ 上の理由 …

不可侵の聖域とは田辺裕信 セントライト記念回顧

ミユキチがなんかツインターボして、田辺が「あの人アホなのかなぁ」ってちょっと引いただけ。結果的に皐月賞みたいな直線の映像が流れた。 なんで誰も田辺裕信を殺さないの?と思う。 これが吉田隼人とか北村宏司だったなら自滅待ちで良いさ。けれど田辺裕…

セントライト記念予想

サンマの美味しい季節となったけれど、今年のサンマは少し微妙。東北の大震災があった年は奇形レベルで大きいサンマがスーパーにも出回った。 モノが良い上に大漁だった。漁業関係者の家庭は良いサンマをタダで手に入れるものだが、この年ばかりは量が多すぎ…

印象を殴り散らす セントライト記念

寝るまであと1時間と少々。 最近は更新頻度がめっきり落ちていて、月に20も更新するくらい。過去最高は2015年の10月に記録した83記事で、これは一日に3記事弱をアップするペース。ちょうど無職をやっていた時期だ。 働いていないから24時間オールフリーであ…

セントウルS回顧

ラブカンプーはショウナンカンプ譲りの気性なので雨も得意だが、使い詰めの分だけ割引。 それがこんだけ走るというのだから・・・これは想像より大器で、想像より手を抜いて走っていたとしか考えられない。 スプリンターズSに来たらまた悩むことになるなぁ。…